Monthly Archives: 1月 2016

タミフルはA型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルスに対する治療予防薬です。インフルエンザウイルスが、感染した細胞から他の細胞へと広がる時に必要となる酵素の生成を阻害する働きがあり、これによりインフルエンザウイルスの増殖を食い止めることができます。これら2種類のインフルエンザウイルスに感染して発症してから48時間以内に服用することで、罹患期間を大きく短縮させることができます。しかしながら48時間以上経過した場合には有効性はあまり認められません。これはウイルスの拡散を防止するという薬剤であり、増殖してしまったウイルスの活動を停止させる効果は持ち合わせていないからです。インフルエンザの予防は、基本的には予防接種が中心となります。タミフルに予防薬としての効果はありますが、予防接種に置き換わるものではないので感染予防のためには予防接種が第一となります。タミフルの予防薬としての使用は発症者と一緒に生活する家族が対象となります。特に発症した場合重症化しやすい高齢者、呼吸器や心臓疾患の患者、糖尿病患者などがいる場合に使用されます。感染者への接触から48時間以内に服用することで、10日間の期間を最長として服用している期間中のみ予防効果を発揮します。タミフルの使用方法は、治療として使用する場合は1日2回服用し、これを5日間行いますが、予防として使用する場合は1日1回服用を7日から10日続けます。治療と予防で使用方法が異なるため注意が必要となります。タミフルと同時に使用することで影響のある薬などは確認されていないので、薬や食べ物の飲み合わせは基本的に問題はありません。副作用に関しては個人差が大きいと見られており、皮膚や消化器に症状が現れることがあります。強い症状が出た場合は早めに医療機関にかかる必要があります。