R-1グランプリの「R」とは何の意味?

R1グランプリ・放送日・開催日程・決勝進出

気付けば、2月に入りまもなく桜の咲く春を迎えようとしています。

そんな3月と言えば、既に季節の風物詩になりつつある吉本興業の「R-1グランプリ」。

本当に、面白いですよね~R-1グランプリ。

そこで、皆さんはR-1グランプリの「R」の意味をご存知でしょうか?

今回は、まもなく決勝戦が放送される予定のR-1グランプリの由来などを詳しくご紹介しましょう!

R-1グランプリとは?

それでは、まず簡単にR-1グランプリについてご説明しておきますね!

R-1グランプリとは、通称「R-1」と呼ばれていて吉本興業主催で2002年から毎年開催されているピン芸人のグランプリです。

年末に放送されている「M-1グランプリ」は、お笑いコンビで出場しますがこのR-1については

1人芸で誰が一番面白いのか?

というポイントにスポットライトを当てているので、モノマネ芸人やピン芸人だけしか出場できるという訳ではなく、普段コンビやグループを組んでいてもピンとして出場することが可能になっています。

元々は、あまり知名度を上げるきっかけのなかったピン芸人にチャンスの場を与えようという意味で製作されましたが、近年では若手だけではなくキャリアの長いベテラン芸人も出場するなど幅広い層が出演しているのも大きなポイントですね。

R-1グランプリの「R」とは何の意味?

そもそもが、若手のピン芸人にチャンスを与えよう!という、趣旨の元に発足した「R-1グランプリ」ですが、それなら「P-1(ピン)」でいいと皆さん思った事ありませんか?

M-1のM=漫才の頭文字が採られている。

と言う事は、皆さん誰もが周知の事実ですがならば・・・R-1グランプリの「R」ってなんやねん。

って思いませんか?

私、実はずーーっと地味に思ってました。

この「R」ってどっからきたの?と。

実は、この「R」は”落語”の頭文字がとられているのです。

どうして、ピン芸人のチャンスの場の名前が落語からきてるのかというと2002年に開催された第1回大会の時には

座布団の上で漫談を披露する

という、今となっては信じられない約束事がかせられていたのです。

なので、落語色を第1回で強く演出していたので「R-1」というタイトル名になったのですが2003年の2回目からは

落語色だけを強く出すのではなく、やっぱり1番面白い1人芸に注目しよう

ということになり、座布団の上での漫談という落語スタイルは無くなったのです。

しかし、今更大会名である「R-1グランプ」の「R」を変更するのも・・・・

と言う事で、大会名はそのまま継続されることになりました。

R-1グランプリは「落語」になってる?

落語の頭文字が由来になっている「R-1グランプリ」ですが、そもそも今現在は落語の要素がほぼゼロに等しいですよね。

その辺りの口コミを集めてみました。

落語の要素は、全くないけど1人話芸のルーツを落語として考えてるんじゃないの?
そもそも、近年のR-1に落語家なんて出場してないし

ほんとに、R-1じゃなくてP-1(ピン芸人)に変更した方が絶対にいいと思う
ってか、なんで第1回が落語スタイルの座布団を採用していたのか今となっては不明

第1回の時点から、「1番面白い1人芸」の頂点を極めるという趣旨だったはずが落語に辿り着いてしまっているのは確かに、第1回の頃から誰も違和感を感じなかったのかが今となっては不思議ですよね。

R-1グランプリ 歴代優勝者は?

それでは、今までに栄えあるR-1グランプリで優勝してきた歴代の優勝者をご紹介しておきますね!

  • 第1回・・・だいたひかる(2002年)
  • 第2回・・・浅越ゴエ
  • 第3回・・・ほっしゃん。
  • 第4回・・・博多華丸
  • 第5回・・・なたぎ武
  • 第6回・・・なたぎ武
  • 第7回・・・中山功太
  • 第8回・・・あべこうじ
  • 第9回・・・佐久間一行
  • 第10回・・COWCOW 多田
  • 第11回・・三浦マイルド
  • 第12回・・やまもとまさみ
  • 第13回・・じゅんいちダビッドソン
  • 第14回・・ハリウッドザコシショウ
  • 第15回・・アキラ100%
  • 第16回・・濱田祐太郎(2018年)

このように、歴代の優勝者を一覧にしてみると今となっては大活躍している方ばかりと優勝にふさわしい実力を持っている芸人さん達ですよね!

個人的には、なたぎ武さんが2連覇を成し遂げている事は知りませんでしたが。笑(なたぎさん大好きです)

第4回の博多華丸さんは、「細かすぎて伝わらない選手権」の川平慈英さんのモノマネが面白すぎるので、何年たってもお笑いの実力は衰えていないと感じます。

それに何よりも、昨年の優勝者である濱田祐太郎さんは視聴障害者の芸人さんが優勝した事でも大きな注目を集めたのも記憶に新しいですよね。

個人的には、彼が優勝後に出演した番組で

僕は弄っていただいてもいいですが、いじられたくない障害者もいるということだけは分かっていただきたい」と話していたのが、とても印象的でした。

R-1グランプリの「R」とは何の意味? まとめ

いかがでしたか?

2019年のR-1グランプリの決勝放送日は、まだ発表されていませんが3月中だとは思われるので今から楽しみですよね♪

「R-1」と「M-1」が、今となってはお笑い芸人の頂点を決めると言う事で当たり前の存在になっていますがよくよく考えると、本当に「R」の意味って何?

と考えてしまいそうですが、実は落語だったというのはかなり驚き・・・というより、意外な気がしますよね。

その由来に、未だに疑問を抱いている人も多いですが今さら「P-1グランプリ」と言われても違和感がありますし。笑

今年の優勝者は、一体誰なのでしょうか?

この歴代優勝者の後に続く、活躍を見せるピン芸人に注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です