「科捜研の女(シーズン19)」ドラマ【第5話】見逃しフル動画を無料視聴しよう【白人男性の炭化遺体…被害者が京都に来た理由とは?】

科捜研の女

ここでは木曜ミステリー、ドラマ科捜研の女season19」の第5話見逃し動画無料でフル視聴する方法を紹介します!

放送開始から20周年を迎えたドラマ「科捜研の女season19」!

最新の科学捜査テクニックと人間ドラマに、四季折々の京都をプラスして、4月18日から1年間放送します。

ドラコネ@

※ドラマ「科捜研の女season19」の過去の放送(第1話~最終回の全話まで)を見たいという方も参考にしてみてください。

【第5話】ドラマ「科捜研の女season19」見逃し動画を無料でフル視聴しよう

ドラマ「科捜研の女season19」は
動画配信サービスの『ビデオパス』で
第1話~最終回までの全話を
フル動画で配信!

 

「ビデオパス」は見放題中心
動画配信サービス!

初回30日のお試し無料期間の利用で
完全無料で視聴することが可能!

期間内の解約でお金はかかりません。
もちろん、解約金なども一切なし!

 

「ビデオパス」はここがおすすめ!

  • 業界トップクラスの安さ!月額たったの『562円(税抜)』
  • 一日あたり19円で話題のドラマが楽しめます。
  • ドラマ、映画、アニメ、バラエティーなど、約1万作品が見放題!
  • 話題の映画、最新作にも使えるビデオコイン『540円相当』が無料でプレゼント!
  • 他デバイス対応!大画面でも楽しめる!

お得な「ビデオパス」の詳細はこちらの記事を参照↓

ビデオパス「ビデオパス」利用料金、無料登録・解約(退会)の方法を解説!

【第5話】見逃し動画リンク/2019年5月16日(木曜)放送

「科捜研の女season19」見逃し配信状況

【◆見逃し配信】

ー見逃し配信は終了していますー


【◆第1話~全話までフル視聴】

⇒「ビデオパス」>>


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

 

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は、あくまで自己責任でお願いします!

<<【第4話】ドラマ「科捜研の女season19」見逃し動画を無料でフル視聴する

【第6話】ドラマ「科捜研の女season19」見逃し動画を無料でフル視聴する>>

第5話:ドラマ「科捜研の女season19」あらすじ

焼けた廃倉庫の中から、全身が炭化した遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らの鑑定の結果、70歳過ぎの白人男性とわかる。犯人は被害者を薬で眠らせた上で、倉庫に火を放ったようだった。また、現場の近くで古いモノクロ写真が落ちているのが見つかった。そこには、日本人の青年2人とセーラー服の日本人少女が写っていた…。
遺体の頭蓋骨をもとに、マリコは被害者の“復顔像”を作成。その画像を手に土門刑事(内藤剛志)らが聞き込みしたところ、殺された白人男性は事件当日、京都市内の土産物店で抹茶クッキーを購入。その後、投資会社社長・平松恭一郎(寺田農)に面会を求めていたことがわかる。さらに、モノクロ写真の分析を進めた結果、写っていた青年のひとりが、京野菜農家の後藤了胤(大出俊)であることまでわかった。後藤は1968年、自身の生家である寺の境内で何者かに刺されて重傷を負った過去があったが、犯人は見つからず事件は迷宮入りしたという。半世紀前の傷害事件は、今回の殺人に関係しているのだろうか…!?
謎が深まる中、土産物店には平松の妹・及川さくら(中田喜子)が勤めていた事実が浮上! 殺された白人男性と後藤、平松、さくらの関係は…!? そして、被害者が京都に来た目的とは…!?  捜査が進むにつれ、半世紀前、若者だった彼らを翻弄した、とある事件が浮かび上がっていく…!

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story

【キャスト一覧】

  • 沢口靖子 (榊マリコ)
  • 内藤剛志 (土門薫)
  • 若村麻由美 (風丘早月 )
  • 風間トオル (宇佐見裕也)
  • 金田明夫 (藤倉甚一)
  • 斉藤暁 (日野和正 )
  • 渡部秀 (橋口呂太)
  • 山本ひかる (涌田亜美 )
  • 西田健 (佐伯志信)
  • 石井一彰 (蒲原勇樹)

ドラマ「科捜研の女season19」ネタバレ・視聴者の感想

【第5話:ネタバレ】

出火した廃倉庫の中から全身が炭化した遺体が発見され、洛北医科大学の風丘早月(若村麻由美)の鑑定の結果、70代の白人男性のもので、左肩甲骨に古い骨折の跡があり、現場近くでは若い男性2人と女性1人が写った古い写真が発見されていました。

その古い写真は発見された遺体のもので、京都にある京北寺で撮られたものでした。

火災シュミレーションを行った結果、建物が燃えるのに時間がかかったことも分かり、逃げるには十分時間はあったはずでしたが、遺体からは睡眠導入剤の成分が検出されていたので、眠らされていた可能性が出てきます。

遺体の頭蓋骨から顔の復元像を作成し、遺体はアメリカ人男性のリチャード・マクレガー(リチャード・ウィルソン)ということが判明。

古い写真からリチャードの周辺人物について調べていくと、50年前に起きた若者が刺される事件に関わりのある人物たちが浮上します。

男性のうちひとりは、50年前の事件でリチャードと間違えて刺された後藤了胤(大出俊)と、後藤を刺した犯人である平松恭一郎(寺田農)、女性の方は及川さくら(中田喜子)ということが分かりました。

その後の捜査でリチャードを含めた4人は、手紙をやり取りしている仲だということが分かります。

間違えて後藤を刺してしまった理由は、リチャードを戦争に行かせたくなかったので、怪我を負わせて戦争に行かせたくないという理由からで、暗闇の中で刺したので間違えたというものでした。

さらに調査を進める中で、リチャードが他殺された可能性が薄いことに気がついたマリコは真実にたどり着きます。

その真実とは、リチャードはベトナム戦争の際に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされており、睡眠導入剤の成分は抗うつ剤にも含まれています。

隣国で戦争が始まりそうになったのを知って、かつての仲間たちに助けを求めて来日したのかも知れませんが、結局自ら命を絶つ結果になってしまったのです。

【第5話:視聴者の感想】

20代男性

何となく自殺じゃないかなと予想はしてたけど、悲しい結末でしたね。最後のマリコと土門の会話「自殺じゃないかも知れない。リチャードさんは殺された。そんな気がする。(マリコ)」、「ああ、リチャードだけじゃない。(土門)」という言葉は考えさせられます。「

20代男性

今回の話重てぇ~と思うけど、実際の世界でもこういう悩みを抱えた人たちはたくさんいると思います。こういうスケールのデカイ話をぶち込んでくるのも「科捜研の女」のいい所だと思いますし、世界から戦争が無くなるといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です