それぞれの断崖(ドラマ)【第1話~全話まとめて】見逃しフル動画を無料視聴しよう【愛と憎悪と悲しみの先に。】

それぞれの断崖

今回はドラマそれぞれの断崖第1話見逃し動画無料でフル視聴する方法を紹介していきます!

遠藤憲一さんが主演を務めるドラマ『それぞれの断崖』

「被害者の父」と「加害者の母」。心の断崖を抱える二人の愛の行方から、目が離せません。

ドラコネ@

※これからドラマ「それぞれの断崖」を『第1話~最終回までの全話』をまとめて視聴したいという方も、参考にしてみてください。

【第1話~全話まとめて】ドラマ「それぞれの断崖」見逃し動画を無料でフル視聴できます。

ドラマ「それぞれの断崖」は
「FODプレミアム」で
1話~最終話まで全話を
フル動画で配信中!

 

「FOD」はフジテレビ公式の
動画配信サービス!

「無料お試しキャンペーン」の
利用で
完全無料で
動画を楽しむことができます。
解約金などは一切かかりません!

「FODプレミアム」はここがオススメ↓

  • フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  • 見放題作品+独占配信作品も多数!
  • 有名雑誌が【100誌】読み放題!
  • 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!※継続利用には888円(税抜)がかかります。

お得な「FODプレミアム」を解説!
登録・解約の方法はコチラ↓

「FODプレミアム」利用料金・無料登録、解約方法を解説!フジテレビオンデマンドとは?

【第1話】見逃し動画リンク・2019年8月03日(土曜) 放送回

「それぞれの断崖」見逃し配信状況

ー見逃し配信は終了していますー


【◆第1話~最終話までフル視聴】

⇒「FODプレミアム」詳細はコチラ>>

※1話~最終話まで、全話視聴は「FOD」で視聴可能です。


【◆PR動画検索&告知、予告など◆】

YouTube

 

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

 

動画共有サイトの注意点について

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

違法アップロードの作品を視聴する場合にはリスクが伴うことを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいという場合は、あくまで自己責任でお願いします!

⇒【第2話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年8月10日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第3話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年8月17日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第4話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年8月24日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第5話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年8月31日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第6話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年9月07日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第7話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年9月14日放送回)無料視聴はコチラ>>

⇒【第8話】「それぞれの断崖」見逃し動画(2019年9月21日放送回)無料視聴はコチラ>>

ドラマ「それぞれの断崖」サイト別・動画配信状況。

ドラマ「それぞれの断崖」が配信されている動画サイトをまとめて見ました。

配信の状況 見放題の対象
FOD
U-NEXT × ×
dTV × ×
Amazon prime video × ×
hulu × ×

ドラマ「それぞれの断崖」の動画配信が行われているのは、公式の「FOD」だけでした。

なので、見逃し配信が終了してしまった過去の放送回を見るには「FODプレミアム」の利用が必須ということになります。

ちなみに「FODプレミアム」では現在、2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

見逃してしまった過去の放送も1話~最終話まで、全話まとめて見ることができます。

気になる方はこの機会に利用してみては如何でしょうか?

登録方法については「FODプレミアムの無料登録をわかりやすく解説」のページで解説しています。

そちらを参照してください。

【第1話】あらすじ:ドラマ「それぞれの断崖」

「何が原因なんだ…」

物は飛び散り荒れ放題のリビングの惨状を前に、志方恭一郎(遠藤憲一)は、妻・雪子(田中美佐子)に呆然と問いかけた――。

コンピュータ会社の企画開発部長である志方の中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)が不登校になったのは、ほんの1ヵ月前のことだった。それまでは素直でおとなしかった恭介が、別人のようにキレて暴力をふるうようになったのだ。志方夫妻も、長女の真弓(仁村紗和)、次女の真紀(永瀬莉子)も、訳が分からず途方に暮れるばかりだった。

「息子さんも悩んでいるんですよ」得意先の葵電気の担当者・丹野(梨本謙次郎)の言葉は、苦しむ志方の心を少し楽にしてくれた。丹野が社内の反対を押し切って調整に尽力してくれたおかげで、葵電気とは大きな契約が成立したばかりだった。自身も子供の家庭内暴力に悩んだ経験がある丹野は、志方のよき相談相手でもあった。自分の弱みを見せることで子供を理解できるかもしれない、という丹野の言葉で、志方は恭介と本音で向き合う決意をする。
志方は会社からの帰宅途中、恭介が別の少年ともみ合う場面に出会う。八巻満(清水大登)と名乗るその少年は、礼儀正しく挨拶して立ち去った。シングルマザー八巻はつみ(田中美里)の一人息子である満は恭介の親友だという。怪訝に思いながらも志方は、「恭介、鯛焼き食わないか?」と声をかける。
恭介と車で海へ向かった志方は、海岸で鯛焼きを頬張りながら、自分の過去の恥部を語る。自分のことは話そうとしない恭介だったが、素直に志方の言葉に耳を傾け、「…生きていくのは辛いね…」とつぶやく。久しぶりに息子と心が通い合ったような気がしてほっとする志方だった。

翌日、志方を衝撃が襲う。会社の上層部が、強引に葵電気との契約を破棄したのだ。猛然と上司に抗議する志方だったが、もはや決定事項であり覆せないところまで話は進んでいた。丹野を裏切ってしまった…志方は謝罪に向かうが、窮地に立つ丹野はそれを受け入れる余裕もない状態だった。
落ち込む志方はその夜、深酒したあげく部下に連れられていかがわしいデートクラブに行く。そのことが、後に自分自身を追いつめることになるとは夢にも思わず…。
酩酊して帰宅した志方に、雪子(田中美佐子)が思いつめた顔で告げる。「恭介がまだ帰らないのよ」一気に酔いが覚める志方だったが、まだ事態を深刻にとらえてはいなかった。まもなく警察から、信じがたい知らせがもたらされる。
「え…恭介が…?」
志方の、悪夢の日々の始まりであった――。

引用元:https://www.tokai-tv.com/dangai/story/

【出演者・キャスト一覧】

  • 遠藤憲一
  • 田中美里
  • 清水大登
  • 渡邉蒼
  • 長瀬莉子
  • 仁村紗和

ドラマ『それぞれの断崖』ネタバレ・視聴者の感想

【◆第1話:視聴者のネタバレ感想】

20代女性

最初家庭内暴力ぽくて、予告となんか違う感じがすると思ってしまいました。会社の営業の仕事で思ったようにできなかったから、居酒屋で飲んだくれているのかと思ったら、まさかのお水系のお店でうそでしょと思いました。その間に息子が殺されるなんて思いもしなかったけど、お友だちが加害者なんて衝撃的でした。お父さんはちょくちょく大事なところでメールみなくて、お父さんしっかりしてよーーって思いました。でも、なんだかんだ家族のことが大切だったお父さんが、復讐?に向かってどんな風に暴走していくのかが来週からの見どころかなと思いました。

50代女性

突然、自分の子どもが殺されて亡くなる。信じられない。どうして。親の頭の中は、もう無茶苦茶だろう。その子どもが不登校で、家庭内暴力をふるっていた子であっても子どもは子どもだ。でも、家庭内暴力を振るわれていた時、親は頭の隅でこの子がいなかったら、とちょっと思ったことがあったかもしれない。子供が亡くなって、きっとそのことを後悔しているに違いない。どうしてあんなことを考えたんだろう。あんなことを考えたから、あの子は殺されたんだ。いろいろな後悔が犯人への憎しみとなるのかもしれない。犯人とは知らず、仲良しだからと自分の息子のことを尋ねた父親は、息子が生きていた頃に二人で交わした言葉を思い出す。カメラマンになりたいといった息子に、それより勉強していい大学に行けと言った。息子の部屋の壁には息子が写した写真が沢山飾られている。改めて、息子がどれだけ写真を好きだったか思い知る。その夢を断ち切った犯人に新たな憎しみが加わる。しかし、その犯人は13歳というだけで1、2年もすれば少年院から出てくるという。自分の子どもは死んでもう帰らないのに、犯人は1、2年で母親のもとに帰るの。母親は犯人の母親に憎しみを抱く。ドラマの最後数分間、見ていて自分の中にも犯人に対する憎しみが沸き上がってきた。子供を殺された両親の気持ちが痛いほど感じられた。これからこの両親はどうなってくのだろう。

30代男性

恭介が生きていくのは辛いと言ったのがとても驚きました。父親がそれでも生きていかなきゃなと言ったのがとてもかっこよかったです。親子で海で大声で叫んでいるのが面白くてよかったです。部長と専務のやりとりがとても激しくて怖くてよかったです。部長が長い時間待って土下座をしたのがとても優しい人だなと思います。部長が怪しい店に行って意識がもうろうとしてるのが笑えてよかったです。

30代男性

恭介が家で暴れているのがとてもビックリしました。お母さんに暴力を振っていたのがとても怖かったです。部屋がすごく散らかっていたのがビックリしました。家族ですごく恭介のことで悩んでいるのが大変だなと思います。恭介に友達がいたのがとてもビックリしました。父親と恭介が海で話しをしているのが親としてとてもよかったと思います。

40代女性

息子を殺された志方のショックや怒りはもちろん分かりますが、加害者の母・はつみのショックも相当なものでしょうね。八巻は随分しっかりしているように見えたし、おそらくは勉強もできた生徒なのでは。恭介との間に何があったというのか。これから、志方とはつみがどんな関係になっていくのか注目です。事件に隠されているだろう何かが明らかになるのが興味深いですね。

30代男性

視聴前の予想に反して、亡くなった息子・恭介はお父さんの恭一郎に対して一番心を開いていそうでしたね。しかし恭介が亡くなった後で一番責め立てられるのも恭一郎になるという。それだけ事件当日のクラブ通いは致命的だったという事でしょうか。あれはあれで事情があったんですけど、それを聞かされたからって奥さんと娘さんは「じゃあ仕方ないね」とはならないですよねえ……。それでも最後に恭介と色々話せたのはおそらく恭一郎で、彼が頑張らなければ事の真相もきっと永遠に分からまいままだと思いますから、何とか頑張ってほしいです。

30代女性

予備知識無しで見ましたが、家庭内暴力や引き込もり、殺人を取り扱っていたので全体的に重たい雰囲気のドラマでした。冒頭の家族写真が割れているシーンは今後家族が崩壊していくのを示唆しているようでした。14歳未満の子供が罪を犯しても刑事責任を問われる事がない為、それを知った時の被害者家族のやり場のない怒りや悲しみには心が痛みました。又、今後は加害者側の苦悩も描かれていくんだろうなと思いました。重い話ですが、現代社会が抱える問題について深く切り込んだ見応えのある作品だと思います。

40代男性

志方恭一郎が必死な思いで受注した葵電気の仕事を戸田専務が勝手に断ってしまったことに違和感を感じました。他社の仕事に力を注ぐという話でしたが、恭一郎が仕事外でも大変信頼を置いている取引相手だけに、このような展開は想定外と思うだけでなく、一大事件ぐらいの衝撃であったと思います。この先、葵電気とマルコーコンピューターがどのような接点をもっていくのか注目したいと思います。

【◆第2話:視聴者のネタバレ感想】

50代女性

被害者家族がまるで加害者家族のように世間から見られるようになるなんて可哀想過ぎると思いました。姉の結婚が破断になったりと本当に酷いと思いました。父親は告白文を週刊誌に載せ殺したいと言ってしまったり、加害者が襲った女性を見舞いに行き怪しい行動をしたりと自分で自分の首を締めているように思いました。病室から逃げようとしたりしたら怪し過ぎます。

30代男性

それぞれの断崖の第2話を観て、志方の息子である恭介が殺害されてしまったことにより、家族がめちゃくちゃになってしまっている状況がとても辛く感じました。弁護士やマスコミの目は、とても厳しく、志方の味方ではないように感じてしまいました。家族の影響により、姉の結婚が取り消されてしまったのも何だが、残念に感じました。

50代女性

息子を殺された被害者家族がどうしてここまで嫌な思いをさせられなければならないのでしょうか?お父さんの気持ちは分かりますが、ちょっと焦ってしまって、歯車が狂ってしまったのでしょう。満は高城さんの暴行は認めたが、お金は恭介に取られたと言ったので又、恭介が疑われると思いますが、あれは多分高城に返してあげようと思って、取りあげたのだと思います。

40代女性

被害者の家族があんなに攻められて、個人情報もさらされマスコミに追われているのに、加害者側が守られているのには納得がいきません。私は少年法は廃止するべきだと思っているので、見ていて腹立たしくなります。あとお姉さんが何故婚約破棄されないといけないのか、相手の男性はお父さんの言いなりで何も言わないし、見ていて情けなくなりました。あと最後に遠藤憲一さんが、病室に居たシーンにはビックリ。目が覚めて遠藤さんが居たら怖いし、すぐに警備員さんが出できてもっとビックリ。いくらなんでも早すぎだと笑ってしまいました。

【◆第3話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

満から暴行を受け意識不明だった女性が意識を取り戻し、恭介との関係が明らかになりました。年齢差は若干ありますが、写真撮影を機に良いお付き合いをしていたという展開は予想外でした。あまり、表に感情を見せない恭介ですが、ひそかに思いを寄せる人がいたことは驚きでした。ただ、その女性の発言で満の気持ちを逆上させ問題に至らせたことは、満の気持ちにまだ他の問題があるような気がして、これからの展開が楽しみです。

50代女性

満は裁判で母に会う事が出来たが、母に会いたくなかったように見えました。裁判では嘘を付いていた、警察が怖かったと謝罪していた。恭介の無実が証明されて良かったと思いました。志方家も恭介の無実が証明されたとよろこんでいて、本当に良かったと思いました。恭介の母は満の母のことを心配していて、優しい人だと思いました。

30代男性

若菜という弁護士の考えがよく分かりませんね。いや、「自分が担当する事となった加害者少年を守る」という己の立場を全力でこなそうとしているのは分かるのですけど、そのためならば他の誰がどんな思いをしても構わないと考えていそうなあたりにいまいち共感できません。恭一郎達のその後にも勿論注目していますが、それ以上にこの若菜弁護士がどんな人間で、今後どうなっていくのかが気になってきました。

20代女性

満の行動が意味不明すぎて怖かったです。今まで散々、恭介が悪くて自分は悪くないみたいなことを供述していたのに、審判が下されるその直前に嘘をついていたと告白するなんてどういうことなんだろうかと思いました。面会に来たお母さんにも罵声を浴びせていたし、なにか家庭環境に問題があって悩んでいたのかもしれないなと感じました。

【◆第4話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

恭一郎は、はつみを食事に誘いなんとか満のことを聞き出そうとしますが、ストレートに聞くことができません。その後、妻の雪子からはつみとの関係について追及されますが、その回答にも困ってしまう恭一郎でした。事件の真相を解明したいという強い思いが恭一郎を動かしていますが、その反面、家族がバラバラになっていくような気がします。今後の展開に期待したいです。

40代男性

恭一郎が職場に復帰し、専務の対応は比較的歓迎しているようにみえました。しかし、資料室への左遷人事で部下の深瀬宏とともに異動することになり、会社の対応の厳しさを感じました。深瀬は、納得のいかない人事で一度は退社を決意しますが、心改め恭一郎と一緒に働くことを決め、日々の業務に向き合います。恭一郎の心情も穏やかではないですが、深瀬のような存在は恭一郎を落ち着かせるアイテムと思います。

50代女性

雪子はこれ以上八巻家と関わるのはやめて!と言っているのに彼女の気持を無視し、恭一郎ははつみの勤めるクラブに通う様になり、はつみは丹野と名乗る恭一郎が暗いかげを持ち、自分と同じ運命を感じたのでしょうか?恭一郎も彼女の苦悩「息子が更正できなかったら、息子を殺して自分も死ぬ」と聞いて復讐心が揺らいでしまったのか?考えられない行動で、どうなるのか予想できません。

20代女性

志方がはつみのことを好きになる前に、はつみが志方のことが好きだったんだなと思えるような展開で、ちょっと腑に落ちませんでした。志方が既婚者と知りながらすがったりするのはどうなのかなと思いました。また、志方もはつみのことを「一人にはしない」とか言ってて、なんか二人とも同情できない感じがして少し残念でした。

【◆第5話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

八巻はつみのアパートで、恭一郎が楽しそうに話しているところを妻の雪子に見られてしまいました。帰宅後、誰と会っていたのか追及を受け、満の母ということを正直に話し、加害者の母も被害者家族と同様に苦しんでいることを伝えました。どんな理由があろうとも加害者家族、特に母親は息子が殺されてしまったことに深く傷ついていると思うので、どんな理由であろうとも受け入れられないのではと思いました。恭一郎と雪子の関係がどうなっていくのか楽しみです。

30代男性

お父さんがやる事なす事すべて志方家の迷惑になっていると第1話から感じていましたが、ここまで来ると笑えてきてしまいますね。いつの間にか恭介くんが殺された事よりも、恭一郎が巻き起こす事件の方がよっぽど志方家を揺るがせているという。この人――恭一郎は結局何がしたくて、何を一番大切に思っているのかがよく分からなくなってきました。いったいどこへ辿り着くのか楽しみですね。

50代女性

志方がはつみの下着を干すシ-ンだけ笑えることが出来た。雪子に二人の関係がバレてしまい修羅場を迎える。家族を大事にしている雪子、見たことを許そうとしていたのに、志方がはつみの正体を言うまで緊張感でいっぱいだった。雪子がパニックとなっていく姿に共感したが、志方がはつみを好きになったと言ったことで終わったと感じた。絶対になってはならない関係だったはずです。

20代女性

はつみが志方が誰なのかというのを知りたい気持ちはもちろんわかるけど、なぜ待ち合わせ場所が崖なのかが謎でした。しかも、恭介の父親だと知って謝りに行かせて欲しいとお願いするなんて、結構神経の太い人物だなと感じました。恭介のことを謝るのか、志方と不倫したことを謝るのかわからないけど、確実に志方の妻はブチギレるだろうなと思います。

【◆第6話:視聴者のネタバレ感想】

30代女性

私は家族側の気持ちになって見ていたので、被害者の父親の行動には納得できませんでした。息子が殺されたのになんであんな行動できるのか理解できないです。いろいろあったけど、せっかく家族再建できるかな?っていい雰囲気だったのに…すごく残念な展開すぎます。これは許せないですよ、両家族からしてみると不幸でしかありません。

30代女性

結局被害者夫婦は離婚して、父親は加害者の母親と暮らし始めた。息子が殺されてから父親の心境に変化があったのか、それとも母親を好きになった後の一時的な感情なのか、加害者少年を受け入れようとしている。男は好きになった女で変わるのか、あんなに腹を立てていた少年と向き合おうとする心理は、正直理解できない。来週はついに少年院を出る。このまま新しい家族ができるのか?なんだか受け入れがたい。

30代女性

なんでこんな風になっちゃうのかわからなかったです。男性と女性では感情が違うのかもしれないですが、家族を捨ててまで息子を殺した加害者の母親と一緒にやっていく…って決断にはびっくりしてしまいました。好きだとしてもここまでできるんだろうか…見ながらかなり悩んでしまいました。刹那的な感情すぎますよね。これから波乱万丈すぎます。

30代女性

志方が離婚の結論に至って、雪子も納得して離婚してたけど、志方ははつみと一緒になりたくて離婚したんだなぁと感じました。けじめをつけるってそういうことなのか?と疑問に思いました。志方もはつみも惹かれ合ってるのは仕方ないけど、もっと満の立場になって考えてほしいと思いました。難しいと問題だけど、はつみは母親としての創造力が足りないのではないだろうかと思いました。

【◆第7話:視聴者のネタバレ感想】

40代男性

ついに満が少年院を退所しましたね。母はつみの好きな人が志方恭一郎と聞いた時の満の表情が印象的でしたね。はつみにお母さんは志方さんと僕のどちらを取るのと言い放った言葉は重かったですね。それと退所して戻ったアパートで満と恭一郎とで向かい合ってカレーを食べるまでのシーンは無言だけどいろんな感情が入り交じった重厚な場面でしたね。

20代女性

満が少年院から退隠し家に戻りました。退隠した直後に志方さんがやってきて満は問いかけます。憎いんでしょ?とそしたら志方は迷いなく憎いと答えただけど許せる日がくるといいといいました。被害者家族と加害者家族が一緒に暮らして仲良くくらしていけるのかなっておもいました。逆に満くんも負担ばかりになってしまうんじゃないかとおもいました。満くんが恭介くんを殺した理由がわかりました。そんなけ恭介くんのことを信じていて裏切られたと思ったんでしょうねそれて殺したと。でもどんなことがあっても殺したら自分も苦しい思いするし被害者の家族も悲しくなるし殺すのはいけないことだなとおもいました。

20代男性

ドラマの感想としては、加害者側の息子さんに母親が好き人を言うシーンがあるのですが、その人は主人公である被害者の父親であり、それを息子さんは微妙な顔をしていたのは見てて辛かったです。息子さんは主人公とどんな顔を合わせたら良いのだろうかと思うだろうし、事件のことを詰められるのではと考えるので辛いだろうなと思いました。

20代男性

今回ドラマを見た感想といたしましては、主人公と加害者側の親子と一緒に住むようになるという内容だったのですが、本当に被害者である主人公のやっている行動は理解ができなかったです。主人公と加害者側の母親が付き合うということ自体がありえないことなのですが、それをやってのけるというのは本当にあり得ないなと思います。

【◆第8話:視聴者のネタバレ感想】

50代男性

恭一郎が果たして息子の恭介を殺害した満と暮らせるのか、そこが気になり見ましたが、階段から落ちて意識不明になったはつみの病院から姿を消し、海で死のうとした満を助けた恭一郎が頬をひっぱたき抱きしめたシーンは、罪を憎んで人を憎まず、の様な心境にもなり生きて行く事を黙って諭した恭一郎の気持ちに触れられた気がして、とても良いシーンだったなァと思いました。

50代男性

はつみと暮らし始めた満が、ネットに顔が晒されてしまい、知らない少年達に絡まれたりと、何かと生きづらさを感じていたのが、自業自得とはいえ、気の毒だなと感じました。包丁を取り出しはつみを刺そうとしたり、岬の海岸で海に入り死のうとしたりと、ハラハラさせられましたが、それでも最後に恭一郎の畑を手伝いに現れた姿を見て、前向きになったんだなと少しだけ安心出来た最終回でした。

30代女性

あっという間の展開についていけなかった感じのある最終回という印象。はつみが怪我をしたり、満が自殺しようとしたり、被害者と加害者が和解できたような感じもするけど、なぜか複雑な気分。あの弁護士の「被害者の父親が加害者の父親になれるわけがない」という台詞に同意する。みんなそれぞれの道を進もうとしているみたいだからハッピーエンドなんだろうけど、なんか釈然としない。

40代男性

自殺を図ろうとした満も助けた恭一郎に叩かれて一瞬でも父親としての愛情を感じたのではないでしょうか。最後は満も恭一郎に少しだけだけど心を開いたような気がしました。そして最後恭一郎ははつみとはどんな関係に収まるのだろうか。満も含めた3人で生活していくのかな。でも最後に恭一郎が雪子と会った時の雪子を見る目がなんか印象的でしたね。やっぱり元の家族に帰れるのが良いんだろうなって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です